1. ホーム
  2. 繋養種牡馬
  3. フェノーメノ

フェノーメノ

青鹿毛 2009年生 平取産

父:ステイゴールド

母:ディラローシェ

母父:デインヒル

2019年種付料

50万円(受胎条件)

フェノーメノ

2014 天皇賞(春)-G1

2013 日経賞-G2

2012 セントライト記念-G2

プロフィール

ステイゴールドの底力に母の父のスピード、母系の持久力を兼備 2019年、初年度産駒が待望のデビューを迎える

 2013年、2014年の天皇賞・春を連覇しました。3歳時から一線級で活躍し、日本ダービーはハナ差2着、天皇賞・秋も2着惜敗でした。4歳時に日経賞、天皇賞・春と連勝し、悲願のG1制覇を達成。翌春の天皇賞でも日経賞5着からの巻き返しで見事連覇を果たしました。
 初年度産駒は2019年にデビュー予定。本馬自身は長距離実績が目立ちますが、2000mでも2勝を挙げ、天皇賞・秋でも僅差の走りを見せているように、中距離の適性も十分。母の父に欧州の大種牡馬デインヒルを持つ血統構成からも、万能タイプの種牡馬として成功が期待されます。

血統表

ステイゴールド

Stay Gold

黒鹿 1994

サンデーサイレンス

Halo

Wishing Well

ゴールデンサッシュ

ディクタス

ダイナサッシュ

ディラローシェ

De Laroche

鹿 1999

デインヒル

Danzig

Razyana

Sea Port

Averof

Anchor



配合のヒント◆データピックアップ

ロベルトとの好相性が見込まれる

 フェノーメノの母の父デインヒルは宝塚記念のナカヤマフェスタも祖母の父に持つ血ですが、日本の繁殖牝馬にそれほど多く入っている血ではないので、フェノーメノの配合相手はステイゴールドの産駒傾向をそのまま参考にして良いでしょう。
 まずはナカヤマフェスタの配合を参考にすると、同馬は母がヒズマジェスティのクロスを持つのが特徴的です。同様のクロスを狙うのも良いですが、ブライアンズタイムはヒズマジェスティの全兄グロースタークを母の父に持つので、同馬を持つ牝馬との配合も面白そうです。
 ステイゴールドはシンボリクリスエスとの間にオジュウチョウサンを出すなど、下表のようにロベルトとの好相性も目立っています。中でもブライアンズタイムとの組み合わせは、将来的にフェノーメノのニックス配合になるかもしれません。

母系にロベルトを持つ主なステイゴールド産駒
馬名 ゴールドシップ
母の父 メジロマックイーン
成績 有馬記念などG1 を6 勝
馬名 オジュウチョウサン
母の父 シンボリクリスエス
成績 中山大障害などJG1 を5 勝
馬名 ステイフーリッシュ
母の父 キングカメハメハ
成績 京都新聞杯-G2
馬名 パフォーマプロミス
母の父 タニノギムレット
成績 日経新春杯-G2
馬名 マイネルミラノ
母の父 Polish Precedent
成績 函館記念-G3
馬名 ウインプリメーラ
母の父 フォーティナイナー
成績 京都金杯-G3
馬名 グランシルク
母の父 Dynaformer
成績 京成杯オータムハンデ-G3
馬名 ツクバアズマオー
母の父 Giant's Causeway
成績 中山金杯-G3
馬名 ケイアイチョウサン
母の父 シンボリクリスエス
成績 ラジオNIKKEI 賞-G3
馬名 ココロノアイ
母の父 デインヒル
成績 チューリップ賞-G3

パフォーマプロミスの3代血統表

ステイゴールド

Stay Gold

黒鹿 1994

サンデーサイレンス

Halo

Wishing Well

ゴールデンサッシュ

ディクタス

ダイナサッシュ

アイルビーバウンド

I'll Be Bound

鹿 2005

タニノギムレット

ブライアンズタイム

タニノクリスタル

バウンドトゥダンス

Northern Dancer

Truly Bound

架空血統表作成(JBISのページに移動します)

フェノーメノのニュース

上へ