1. ホーム
  2. 繋養種牡馬
  3. ブルドッグボス

ブルドッグボス

鹿毛 2012年生 浦河産

父:ダイワメジャー

母:リファールカンヌ

母父:デインヒル

2022年種付料

80万円(受胎条件)

ブルドッグボス

2019 JBCスプリント-JPN1

2017 クラスターC-JPN3

2016 千葉S-OP

2020 ゴールドC

プロフィール

成功種牡馬ダイワメジャーが送った2019年NARグランプリ年度代表馬 雄大な馬格と強烈な末脚を武器に南関東のトップスプリンターに君臨

 2019年のNAR年度代表馬です。当初はJRAでデビューし、オープン特別3勝を含む7勝を挙げて浦和へ移籍。5歳時のクラスターCで重賞初制覇を飾り、7歳時のJBCスプリントでは怒濤の差し切りを見せました。2歳から8歳まで重賞4勝を含む45戦14勝というタフな成績を残しています。
 2021年から種牡馬入り。父は2歳戦に強いダイワメジャーで、母の父は欧州や豪州を中心に大父系を形成したデインヒル。牝系は日仏でG1を制したシーキングザパール、天皇賞馬スピルバーグ、マイルチャンピオンシップのトーセンラー、大種牡馬リファールが出た一族でもあり、芝、ダート問わない幅広い舞台での活躍が期待されます。また、仕上がりの早さと使い減りのしないタフさは自身がその競走生活の中で証明しており、骨太で筋肉質の馬体が産駒に受け継がれることも期待されます。

血統表

ダイワメジャー

Daiwa Major

栗 2001

サンデーサイレンス

Halo

Wishing Well

スカーレットブーケ

ノーザンテースト

スカーレットインク

リファールカンヌ

Lyphard Cannes

鹿 1997

デインヒル

Danzig

Razyana

リファールニース

Greinton

バーブスボールド

架空血統表作成(JBISのページに移動します)

ブルドッグボスのニュース

上へ